HCMC x 英語

ベトナム・ホーチミンで英語は通じる!旅行前に読むべき最新英語事情

ホーチミン旅行予定の方は「ベトナム人に英語って通じるの? 通じない時はどうする? そもそもベトナム語でありがとうってなんて言うの?」 などなど疑問に思う方が多いでしょう。

結論から言うと、場所を選べばホーチミンで英語は通じます!ただしガイドブックに載ってるような外国人向けのところに行けば、です。ローカルエリアに行けばいくほど通じないことが多くなります。

ベトナムと日本の英語教育には似た部分があります。日本の状況を考えるとホーチミンで英語が通じるかどうかイメージしやすいのではないでしょうか。

本記事では通じる・通じにくい場所をそれぞれまとめました。また、通じない場合に備えて旅の前に知っておくべき準備する物・ベトナム語をご紹介します。

場所により英語が通じる

タクシー/ Grab・スーパー・モールを除けば旅行でよく訪れるような場所は英語が通じます。通じない場所でもスマホやメモを使えばなんとかなるのでご安心ください。

カフェ・レストラン・バーはOK

1区~3区内の外国人向けのお店に行けば英語が通じます。語学を勉強している若者や経験が長いスタッフは英語で心地よいサービスを提供してくれます。中には日本語もできるツワモノも。言葉に困ることはないはずです。

個人的に旅行者におすすめで英語が上手なところをそれぞれ紹介します。

💡 レストラン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pizza 4P's(@pizza4ps)がシェアした投稿

2011年から日本人が経営するイタリアンレストラン。料理の美味しさは言うまでもなくスタッフのサービスやお店のデザインも優れています。

💡 カフェ


ホーチミンに多いビラを改装したスタイルのおしゃれカフェ。タオディエンエリアを歩き回ったあとのカフェやゆったり過ごしたい1日のブランチにおすすめ。

💡 バー


オーストラリア人が経営するオシャレバー。カップルや友達同士でわいわいしたい時におすすめです。照明や音楽がいい感じで気分があがります♫

ホテル・airbnbはOK

三つ星以上のホテルならばフロントデスクの方は英語で対応が可能です。 しかしそれ以外のベルボーイやハウスキーピングの方は話せないことがありますので基本的にはフロントデスクに頼ります。

Airbnbは旅行者向けサービスですのでオーナーは英語が話せます。ただしチェックイン当日の鍵を渡すスタッフを雇っていることがあり、その方は英語が話せないことがあります。 チェックインより前に必要なことはオーナーに確認したり、連絡先を把握したり準備しておきましょう。

スパ・マッサージ・ネイルはOK

こちらも1区~3区にある外国人向けのお店に行けば、レセプションは英語で対応可能です。 施術スタッフは英語が話せないことが多くあります。ですが、使う言葉は「大丈夫ですか (Are you OK ?)」「体の向きを変えて (Turn around)」など限られていて基本的なことは英語で言ってくれます。

ネイルサロンでも同様に店長は英語ができて、施術スタッフはあまり話せないことが多いです。 入店したらメニューやデザインなどの注文内容を店長に伝えます。 そして店長からスタッフに施術内容を指示する流れですので問題ありません。

タクシー・GrabはNG

観光客がよく使うのに英語が通じなくて苦労する場所No.1はタクシーです。 一つ目は住所を伝えるとき。ベトナムの住所は発音が難しいですから聞き取ってもらえないこともしばしば。Google mapの住所を見せれば問題ありません。

二つ目は何か問題があるとき。ドライバーはベトナム語でペラペラと話しかけてくるので少し困ってしまいます。そんなときはGoogle 翻訳に助けてもらいましょう。簡単な内容なら精度は十分です。

言葉が通じない不便さを解消してくれるのがGrab です。 ドライバーとお金と住所のやりとりさえも必要がありません。問題があるときはチャット機能を使えばアプリが自動翻訳してくれます。筆者が乗っていた車がパンクした時にドライバーとチャット機能を使ってスムーズにコミュニケーションできて便利でした。

スーパー・モールはso so

スーパーはビングループのVinmartが街中にあります。基本的にベトナム語がメインになります。言語が分からない外国人に対してはレジ係は数字を含めて簡単な英語で伝えてくれます。品出し担当は話題が商品名になるので全て英語で対応するのは難しく、欲しい商品の画像を見せたほうが早いでしょう。

モールといえばビングループのVincomが代表的ですね。 海外ブランド店 (ZARA / UNIQLO / NIKE / innisfree など) は教育が徹底しているためしっかりと英語で接客してくれます。1区~3区の中心部のモールはほとんどは英語で対応してくれます。ですが、ベトナムローカルブランド店だと話せる人が減ります。

掲示板を見る女性

世界英語力ランキングは日本と大差なし

ではベトナムの英語力は世界でどの位置にあるでしょうか。世界最大の英語能力指数ランキング EF EPI 2020年版を見ていきましょう。

【世界英語力ランキング】

日本 55位/100位 (487点/700点)

ベトナム 65位/100位 (473点/700点)

【都市別英語力ランキング】

東京 513点/700点

ハノイ 481点/700点

ホーチミン 477点/700点

EF English Proficiency Index (2020年) 

なんと!日本と東京の方が高いという結果が出ています。とはいえ日本とベトナムの点数で比べると487点と473点で、たったの10点差です。 あまり違いがないと言えるのではないでしょうか。日本の状況を想像してみるとだいたいホーチミンの英語対応力がイメージできるかと思います。

ベトナムの英語必修化は日本と同時期

ドイモイ政策が始まった1987年からベトナムでの英語教育が加速。高校に続き2003年からは中学でも英語が必修科目となりました。ベトナムで1990年生まれ以降の人は中学から英語を必修科目として学んでいます。 実は日本は2002年から中学での英語が必修科目になりましたのでほぼ同時期です。

また、ベトナムの英語教育は読み書きに重点をおいていて、話す聞く練習をあまりしない傾向があるそうです。なんだか日本と似ていますね。

ベトナム英語は日本人にとって難しい

ベトナム語では、語尾や語中のce/k/s/c/d/t音を発音しないという特徴があります。英語にもそのまま発音が反映されるためリスニングが難しいです。 ベトナム語では舌や口の形を変化させて発音は一応しているのでしょうが、日本人としては細かな音の違いを聞き取るのが難しいのです。 こちらの動画で発音の違いがよく説明されています。

通じない時の対策はスマホで

どうしても通じないことはあります。そんな時はスマホアプリを駆使しましょう。以下のアプリを現地ではいつも起動させておくと便利ですよ。

💡 Google 翻訳:簡単な内容であれば精度は十分です

💡 Grab:ドライバーと一言も会話する必要がありません

💡 写真:欲しいものの写真を見せましょう

💡 電卓:ベトナムの通貨は額が大きいので間違えないためにも電卓を用いて確認しましょう

💡 Google map:タクシーの運転手さんに対しては住所を見せればOKです

ホーチミンの番地のルールは川を基点に1から番号がふられています。この知識があると住所が見つけやすくなりますよ。

 

蓮の花

覚えておきたいベトナム語

旅をより楽しむためにベトナム語を覚えて行くことをおすすめします。筆者はベトナムに住んで4年経ちます。最初の2年は英語も混えて生活していましたが3年目頃から全てベトナム語だけで済ませられるようになりました。するとベトナム語での接客の方が断然よい気分でお買い物できると気づきました!(当たり前のようですが違いに驚きました)

特にファッション系のお買い物は店員さんとの会話で楽しさが変わります。ベトナム語が話せず買い物していた頃は正直店員さんは無愛想で楽しくなかったのですが、実は言語バリアの問題だったのかもしれません。ベトナム人の店員さんはアドバイスをくれたりキビキビ動いたりして一生懸命サービスしてくれますよ。

💡 Xin chào (シンチャオ) : 「こんにちは・こんばんは」

💡 Cảm ơn (カムオン) : 「ありがとう」

💡 Xin lỗi (シンロイ) : 「ごめんなさい」

💡 Em ơi (エムオイ) : 「すみませーん」*お店で呼びかける時

💡 Tỉnh tiền (ティン ティエン) : 「お会計お願いします」

💡 ở đâu (オーダウ) : 「どこですか?」

💡 Bao nhiêu tiền (バオニューティエン) : 「いくらですか?」

💡 Rẽ phải (ゼーファイ) : 「右に曲がってください」

💡 Rẽ trái (ゼーチャイ) : 「左に曲がってください」

💡 đi thẳng (ディータン) : 「まっすぐ行ってください」

ベトナム語の声調は6つあります。カタカナの通りに発音しても残念ながら伝わりませんので文字情報はあまり見ずに音が聞こえるままに発音すると伝わりますよ。

ほか主要都市の英語力はホーチミンと同様

💡 ハノイ・ダナン:主要都市ですのでホーチミンと同様にガイドブックに載っているような外国人むけの場所は英語が通じます。

💡 ホイアン:世界文化遺産に登録されていますので世界中から観光客が訪れます。外国人むけに仕事をしているのでタクシードライバーも積極的に英語を話します。

まとめ

旅の醍醐味は現地の人とお話しすることです。写真だけでは得られない思い出を作りたいですね。ホーチミンの人は大らかでおしゃべりが大好きです。たくさん話しかけてみると面白い発見があるかもしれません^^

ホーチミンでは場所を選べば英語は通じます。もちろん通じない場所もありますのでその場合にそなえて持ちもの対策やジェスチャー・ベトナム語の予習をしていきましょう。ホーチミンでの旅行を楽しんでくださいね。

-HCMC x 英語

© 2021 さと英語