ビジネス英語

英語で住所を書くには?海外・日本住所が書けるようになります

クリスマスカード海外の住所へ物を送りたい時や、日本の住所へ物を送りたい時、英語での住所の書き方のルールを書きました。輸送費は高いので間違えないように確実に書きたいですね。

なぜ日本と書き方が違うのか理由も書きましたので、次から自然と英語で住所をかけるようになります。

海外営業をしていた6年間は、70ヵ国以上の個人・会社へ出荷業務を行っていました。失敗もたくさんしたのでそこから学んだこともシェアしていきます。

英語で住所を書く基本の5つ

狭い範囲から拡大していく

日本語の住所は広い範囲から順に書きます。

〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目3−1

英語の住所は狭い範囲から順に書きます。

2 Chome-3-1 Nagatacho, Chiyoda City, Tokyo 100-0014, Japan

または、Chomeを省略して、

2-3-1 Nagatacho, Chiyoda City, Tokyo 100-0014, Japan

丁目・番・号は1つのカタマリです。「2丁目3番1号」が「1-3-2(×)」のように逆順にはなりませんのでご注意を。

〇〇様はMs. Mr.

名前の後につける「~様」は、女性にはMs. 男性にはMr.です。

女性には統一してMs. でOKです。Miss, Mrs を迷う必要はありません。

部屋番号には# 階数にはF.

アパートやビルに送る場合、部屋番号には#をつけ、階にはFloorまたは省略したF.を書きます。

YYビルの1階103号室

#103, Floor 1, YY building

building は省略してbldg.と書いてもOK

Apartment は省略してApt. と書いてもOK

郵便番号マークは書かない

〒マークは日本でしか使われていませんので、英語では書きません。

番号は都道府県名と国名の間に書きます。

Tokyo 123-4567 Japan

電話番号には国番号をつける

電話番号には国番号をつけましょう。

日本の電話番号:080 1212 3456
国番号をつけると:+81 80 1212 3456

国番号の合図は + で示します。一番最初に0がある場合は0を抜きます。

国番号リストはこちら から参照できます。

実際に書いてみよう サンプル

東京都文京区にある会社のカナヤ様 に送りたい

〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目23−4 YYビルディング 3階

株式会社ABC 営業部 カナヤサトミ様

Ms. Satomi Kanaya, Sales Department, ABC Co.Ltd,

3F, YY Building, 1(chome)-23-4, Yushima, Bunkyo(-ku)(city), Tokyo 113-0034 Japan

TEL +81 80 1212 3456

カッコ部分は省略してOK

アメリカのアパートに住む Schumacher 様 に送りたい

Lithia Park アパート 3階 103号室に住むMark Schumacher 様

Mr. Mark Schumacher

#103, F(loor).3, Lithia park apt(ment).

123 Walker Ave, Ashland, OR 97520 USA

TEL: +1 123 456 7890

もっと知りたい 応用編

〇〇様方

様方は世帯主につけます。care of の略語 c/oを書きます。

コーワーキングスペースやシェアハウスへ送るときに使います。

フグ田マスオ様 宛 磯野波平 様方
Mr. Masuo Fuguta c/o Mr. Namihei Isono

〇〇宛 〇〇御中

For the attention of ~の略語 Attn: を書きます。

相手側の担当者名がわからず特定の部署に送りたい場合に使います。

カスタマーサポート御中
Attn: Customer Support

宛先情報は右下寄りに大きく

送り主 (FROM) の情報は左上に

受取人 (TO) の情報は右下に大きく目立たせて

書きます。

郵便屋さんによっては右下だけを見て仕分けする場合がありますので、配置に注意です。

 

日本の住所を書く場合に知っておきたいこと

都道府県・市町村

日本 Japan
なし(TokyoでOK)
なし(HokkaidoでOK)
-fu
-ken または prefecture
-ku または ward
shi または city
-chou, -machi または town
-mura または village

Japanを忘れない

日本へ送る場合は、「 Japan」を忘れずに大きく書きましょう。

Japanだけ読み取ってもらえれば日本に辿り着つことができます。

それに、「 Air mail 」と書きましょう。海外の郵便局にとって分かりやすいですね。

海外の住所を書く場合に知っておきたいこと

Google map の通りに書けばOK

階数・部屋番号など個人的な情報を除けば、Google map の通りに書けばOKです。

中国語などの現地語で無理やり書くと間違えてしまう可能性があります。

Google mapはアルファベットに置き換えて教えてくれるので、便利です。

残念ながら、一部の国や地域は現地語表記しか表示されないこともあります。今後に期待しましょう。

送る前に受取人に確認する

いろんな現地ルールがありますので、可能であれば送る前に受取人に住所の書き方を確認した方が良いです。

「家のポスト前のゲートに鍵がかかっているので、運送状にパスワードを書いてください」

「会社の個人宛だと、必ずその個人が受け取りをしなければいけない。会社宛にして会社の誰でも受け取れるようにしてほしい」

などの珍しい事例がありました。

なぜ英語の住所は日本と違うか

理由を理解すれば自然と書ける

ルールの理由を理解すれば、次から迷うことはないでしょう。

次回から英語で住所を書くときは、「個人主義」と思い出してみてください。

恐らくですが、英語の住所の書き方ルールは昔から世界中でビジネスを行ってきた先進国である欧米です。

欧米は「個人主義的」な文化です。この文化が住所の書き方にも反映されています。

個人主義 VS 集団主義

よくアメリカの学校で先生は生徒を個人の名前で呼ぶのに対して、日本の学校では名字で呼ぶことが多いですね。

ここに個人主義と集団主義がよく現れています。

どこに所属するかよりも、自我を強く意識する個人主義。

なので、自分の名前 → 部署→会社といった順番で書くんですね。

住所に関しても、番地→町→県 →国といった順番で小→大に向かい、ユニークである物事に先に目をつけます。

対して、日本は所属を重視する集団主義的な文化です。

なので、会社→部署→自分という順番で書くと何となく落ち着く感じがします。

同一である物事に先に目がいく文化は、県→町→番地といった大→小の書き方になります。

まとめ

今回は英語での住所の書き方を紹介しました。国際輸送が楽になりますように!

 

-ビジネス英語

© 2021 さと英語