ビジネス英語

株式会社の英語表記と選び方 | Co., Ltd.・Corp.・Inc.・Ltd.

株式会社の英語表記を何にしようか考えている方へ。 この記事では「Co., Ltd.」「Inc.」「Corp.」「Ltd.」を含めた表記の仕方とそれぞれの違い、決め方について説明しています。

 

まずはじめに

日本では、株式会社設立時には「株式会社」を表記して登記を行うことが会社法 第六条により定められています。 会社の英語表記は登記上の正式な名称にはならないので、あくまで海外での通称として使用されます。 ただし、自社名の表記は統一する必要があるため、コーポレートサイトや販促物などを制作する時は名前が統一していることに注意しましょう。

まずは、会社の英語表記はすでに決定しているか確認しましょう。 まだ決定していない場合は、本記事を参考に決定していきましょう。

株式会社の正しい英語表記と意味

Co., Ltd. : Company Limited 「有限責任会社」

Corp. : Corporation 「法人」

Inc. : Incorporated 「法人組織、有限責任」

Ltd. : Limited「有限責任会社」

株式会社であればどれを使ってもOKです。日本の多くの企業はアメリカやイギリスにならい、このような表記を取り入れています。

「株式会社○○」のように「株式会社」が社名の前につく場合 (前株) でも、英語では「○○ Co., Ltd.」と社名の後ろに「Co., Ltd.」をつけます。

また、Dr. Prof. Mr. Ms. のように、ピリオドは省略を表すもので、略す場合は必ずつけます。

株式会社と有限責任会社

有限責任会社も株式会社も、株主が存在しそれぞれ「有限責任」であるという点において共通しています。 「有限責任」とは出資額に責任を負うという意味です。 なので、株式会社であっても有限責任という意味の表記「Co., Ltd」や「Ltd.」を使うことができます。

日本では2006年に廃止されましたが、以前「有限会社」という種類がありました。 この「有限会社」のことを指しているわけではないです。

実際に海外の株式会社を確認してみると、「Ltd./Limited」を使用しています。

企業例:

シンガポールテレコム Singapore Telecommunications Limited

ダイソン Dyson Limited

HSBC The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited

Co., Ltd.

読み方:「カンパニー・リミティッド」

「Co., Ltd」は、日本で人気のある表記です。”Company Limited”の略で「有限責任である会社」と訳されます。 米・英の上場企業ではあまり見られない表記です。

💡 書き方いろいろ:

Co., Ltd. / CO., LTD. / Co. Ltd. / CO. LTD.

企業例:

ホンダ HONDA MOTOR CO.,LTD.

日本郵政 JAPAN POST HOLDINGS Co., Ltd.

三井物産 MITSUI & CO., LTD

大和ハウス DAIWA HOUSE INDUSTRY CO., LTD.

Corp.

読み方:「コーポレイション」または「コープ」

「Corp.」は辞書では「法人」という意味です。 法律で定められた手続きを済ませ、法人格が与えられた事業組織を表します。 アメリカの上場企業では、Corp.はよく使われています。

💡 書き方いろいろ:

Corp. / CORP. / Corporation / CORPORATION

企業例:

トヨタ自動車 Toyota Motor Corporation

伊藤忠 ITOCHU Corporation

ENEOS ENEOS Corporation

ソニー Sony Group Corporation

ソフトバンク SoftBank Group Corp.

Inc.

読み方:「インコーポレイティドゥ」

「Incorporated」は「Corporation」とほぼ同じ意味です。 法律で定められた手続きを済ませ、法人格が与えられた事業組織を表します。 アメリカの上場企業では、Inc.はよく使われています。

💡 書き方いろいろ:

Inc. / INC. / Incorporated / INCORPORATED

,Inc. のように前カンマを入れることも多々あります。

企業例:

ミクシー mixi,Inc.

ITメディア ITmedia Inc.

クックパッド Cookpad Inc.

湖池屋 KOIKE-YA Inc.

Ltd.

読み方:「リミテッド」

「Ltd.」は「責任に限りがある(=有限)」ということで、「有限責任」を意味します。 イギリスの上場企業ではよく使われています。

💡 書き方いろいろ:

Ltd. / LTD. / Limited / LIMITED

,Ltdのように前カンマを入れることも多々あります。

企業例:

日立 Hitachi, Ltd.

サッポロ SAPPORO HOLDINGS LIMITED

高島屋 Takashimaya Company,Limited

富士通 FUJITSU LIMITED

いすゞ自動車 ISUZU MOTORS LIMITED

worldwideの文字と地球儀

会社の英語表記の選び方

以下の方法をおすすめします。

  • 他企業を参考にして決める

日本取引所グループの上場企業リストに日本企業の英語表記が載っています。ワード検索や産業ごとに検索ができますので業界の傾向から決めるのはいかがでしょうか。

  • 進出先国で馴染みのある表記から選択する

英語表記を決めるということは、海外との取引も見据えているはずです。進出先国でも親近感のある表記を選ぶのはいかがでしょうか。「国名 listed company」と検索すればその国の上場企業リストが表示されるはずです。本記事では、日本企業がよく進出先として選ぶ国で人気な表記を紹介します。

フィリピン : Corp. / Inc. が人気 (アメリカ風)

インド : Ltd. が人気 (イギリス風)

中国 : Corp. / Ltd. / Inc. など様々

ちなみに、いずれの国でもCo., Ltd.はあまり見かけません。

まとめ

今回は「Co., Ltd.」「Inc.」「Corp.」「Ltd.」を含めた表記の仕方とそれぞれの違い、決め方について説明しました。この記事を参考に会社の英語表記を決めることができたなら幸いです。

-ビジネス英語

© 2021 さと英語